片岡鶴太郎の食事。昔との違いは?

スポンサーリンク 

個性派俳優としてテレビでは
欠かせない存在となった
片岡鶴太郎さん

そもそもはモノマネタレントだって
知っていましたか?

個性派俳優、モノマネタレント
さらには芸術家としての
一面を持つ片岡鶴太郎さん

いつまでたっても衰えを知らない
想像力とパワー。
何か秘訣があるのかな?

と気になり調べてみました。

片岡鶴太郎さんの健康の秘密は
どうやら食事にありそう?

あれ?鶴太郎って昔って太ってた?

片岡鶴太郎さん。
現在はシュッとした体形で
いかにも芸術家!のような
理想の体形ですよね。

調べてみると身長161cm
体重は47kg

う~ん、理想的ですねw

でも片岡鶴太郎さんの昔の
活躍を調べてみると・・・

あれ!?太ってる!!w
まぁ小太りってくらいかな?

ちょっとぽっちゃりしてなんだか
今よりもずっとコミカルw

調べてみると当時はなんと
最大65kgあったんだとか。
身長161cmってことを
考えると結構な体重。

それもそのはず、なんと1日5食
食べる日もあり、不摂生極まりない
生活をしていたんだってw

でもどうやって痩せたんだろ?
(ぜひ、参考にしたい…)

鶴太郎が食事を気にしはじめたのは30代?

30代のときに
「今までの自分が嫌いになり
それを否定したかった」という

理由でボクシングに打ち込んだ
片岡鶴太郎さん。

もちろん食事制限もあり
体重も自然と落ちていったそうです。

しかし・・・

当初の目的はプロライセンスを
手に入れる
ということらしく、
ダイエットが主な目的ではなかったそう。

昔の嫌いな自分を変えたい一心で
無理を言ってプロライセンスまで
取得させてもらったそうです。

昔から自分に対しては厳しく
向き合ってきたんですね。
さすがは芸術家…

といったところでしょうか。

でもボクサーでよくありがちなのが
引退後に体重が増えてしまう
というパターン。

鶴太郎さんも昔みたいに
戻っちゃうんじゃ?
と思ったけどしっかりと
体重はキープできているみたい。

どうして~?

体重をキープする秘訣って
なんだろう?

どうやらその秘訣は食事にありそう…

片岡鶴太郎さんの食生活がきになってきた?

昔は暴飲暴食を重ね、
食事をしては睡眠。

1日5食も食事をとっては
帰ってきてからすぐに就寝。
という不摂生な生活を送って
きた片岡鶴太郎さん。

ボクシングを始めて体重を落とした
けどそれをキープするために
どんな努力をしたんだろう?

調べてみると食事には相当気を
使っているみたいです。

昔の反省からでしょうか。

今は朝の食事は
グレープフルーツ
りんご、バナナ、ジュースや
ナッツなど低カロリーで
できるだけ野菜などを
とっているようです。

普段の食事も出来る限り低カロリー
なものを選んで満腹感を味わう
ように食べているんだとか。

さらに昔は1日5食食べる日も
あった反動なのか、

今は1日2食を
心がけているんだって。

アトリエに入るときは1日に1回しか
食事を取らない日もあるんだって。

それは太りませんよね…。

私なんて食後には
必ず甘いおやつと
コーヒー…

やめたくてももうやめられない…w

つまり

片岡鶴太郎さんの体重維持の
秘訣は低カロリーな食事と
しっかりとした回数制限。

昔の不摂生な生活があったからこその
規則正しい生活なんでしょう。

片岡鶴太郎まとめ

片岡鶴太郎さんの体重維持の
秘訣は食事にあり!
ということが分かりました。

他人でもダイエットを
しっかりと
成功されている姿を見ると
なんだかやる気が
沸いてきますよね

特に芸能人は
昔の姿がキッチリと
残っている分、
頑張ったらこうなれるんだ!
とモチベーションにつながります。

でも片岡鶴太郎さんの体重維持の秘訣
まだまだ掘り下げれば
たくさんありそう。

食事以外にもきっと何かあるはずです。
もう少し調べてみましょう…。

関連記事⇒片岡鶴太郎まとめ

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

x