堅実な資産運用~中級投資編~

スポンサーリンク 


堅実な資産運用~投資編②~

前回まで、節約の心得や
貯蓄の方法に関して精神論も
含めて書いていましたが

今回はもう少しリスクを
とった方法に関して書いてみます

基本的に、ここからの内容は
少し中級者向けになりますから
実践してもしなくても
良いかとも思います。

私は実践して利益が出ている
方法なので、紹介します。

中級者の資産運用~投資~

これは、株式や債券を
定期的に買って行く方法です。

それも自動で口座から
天引きされるように設定するのが
ポイントです。

割とメジャーな投資方法で
【ドルコスト平均法】と言います

株価が上がっても下がっても
毎月一定の金額を買い続け
リスクを分散していく方法です。

おっと、ドルコスト平均なんか
儲からない
~~なんていう
声も聞こえてきそうですが

正しく行うとそんなにリスクは
ありませんし長期的には
リターンも期待できます。

私は6年かかりましたが
投資金額の1.5倍ほどになりました。

このドルコスト平均法で
資産運用する場合に重大なことが
いくつかありますので

必ず読むようにしてください。

なんの商品をどこから買うかに
よって最初から勝敗が決まります

この投資方法は年齢が若ければ
若いほど有利になってきます。

時間を味方につけられるからですね^^

ドルコスト平均で注意しなければならないこととは?

まずは、これは投資ですから
元本割れは一時的にほぼ必ず
発生することを覚悟しましょう

というより、一時的に損する方が
長期的には利益が出やすいです。

そして、当ブログの節約編と
貯蓄編で書いた心の在り方と
センター口座がゆるぎないもの
となっていれば

一時的な値動きに右往左往しなく
なっているはずです。

投資とは、まさに心の在り方が
優れているほうが利益が出ます。

全く貯蓄がないのに、リスクある
投資はほとんど儲かることは
ありませんから注意してください

そして今回のドルコスト平均法に
よるリスク分散しながら時間を
味方につけしっかり利益を
勝ち取る上でどんな商品を
選べばいいのか?

という事ですが、

・インデックスファンド
・維持費の安いもの
・ネット証券から買う
・利益は再投資

を選んでください。

一番大事なことは後で書きます。

私の場合は

日経225を買い続けています。

簡単に言うと、日本の上場株式
会社225社の株式を小分けにして
買い続けているという事です。

つまり、日本の株式市場が
無くならない限り全損失は
ありえません。

日本が無くならない限り
そんなことはおきないはずです
から、安全と言えるでしょう。

インデックスファンドとは
特に冒険的な買いを入れることは
なく、日経平均に連動して動く
ように買えば良いため

信託報酬という毎年の経費が
安く設定されてます。

買う際に、売る際に手数料なし

なんてのもあります。
そうするとコストがそんなに
かかりませんから利益が見込めます。

市場が上がれば利益が発生し
下がれば、損失が発生しますが

株式などは本来上がり下がりを
繰り返すものなので
着実に買い続けます。

何年かすれば上げ相場が来たり
下げ相場が来たり・・・

それでもひたすら自動的に
買い続ける忍耐が必要になります

そして最も大切なことは?

ドルコスト平均は上記の買い方
の場合はそんなに利益が
多く出る物ではありませんので

利益確定をしていきます。

では、どこで利益確定をするか!

私の場合は、
積み立て金の1.5倍に
なったら0.5を利益確定

100万円買い続けて150万に
なったら50万円を確定

そして、また買い続ける。。

という戦略をとっています。

ドルコスト平均で
2倍になることもありますが
経験上なかなかそんな機会は
上記の安全策では可能性はひくい
と思います。

私は時間がかかりましたが
投資元本はほぼ回収しています。

そうすると、日経平均が
長期的に下がったあと
上がってくれば利益が出てきます

注意しなければならないのは
利益確定をしないでまた下がって
しまった時に、利益確定の
チャンスを失ってしまうため
また何年も待たなければならない
という事になってしまいます。

私の場合はしっかり条件を
満たしたら利益確定するように
しています。


投資金額を稼いでしまえば
ただで株を持っている状態
ですから、株式市場上に
資産を形成したことになります。

私は
先の【アベノミクス】のおかげで
投資元本回収し株式上にただで
資産を持っています。

ネット証券を使うのは
手数料が安いからです。

この投資方法は時間と忍耐
が重要です。

もう一つはこれも貯蓄で言った
天引きで行うように設定し

月々1万円でも2万円でも
ストレスがかからない金額で
行っていくことが重要です。

この投資方法は
上がっているときにしか
利益は出ませんので
何十年も下がり続ける投資商品では
行わないようにしましょう。

次回はさらに上の投資方法にいきます

資産運用~中上級編~

(備忘録として書いております。投資はあくまでも自己責任でお願いします。当方は責任は負えません)

資産運用~関連記事一覧~

スポンサーリンク 
スポンサーリンク 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

x